Queen's Meadow Country House クイーンズメドウ・カントリーハウス

クイーンズメドウ・カントリーハウスから 大好きなみなさまへ

いま暫くのあいだ、お休みさせていただくことについて

附馬牛の山にあるウメは蕾がパンパンに膨れ上がり、
アオゲラホールの前にはギョウジャニンニクが生えてきました。
元宮横の沢を歩くとウグイスの声が聞こえるようになり、
駒形牧区ではモンキチョウがひらひらと光の中を舞っています。
ロール置き場で草を崩していると、時折雪が散らつくような、
そんな春の始まりを迎えております。

クイーンズメドウを想ってくださる みなさまへ、
お変わりないでしょうか?

今月1日より、クイーンズメドウは一時お休みとし、
馬たちと岩手メンバーのみで過ごす時間にしています。
関東で活動しているメンバーも田植えの時期までは、
もしかしたらもう少し先まで、
クイーンズメドウへ行くのを控えることにしました。

9月上旬までに予定していた全てのイベントは、
一旦、延期させていただきます。

楽しみにしていたみなさまとの時間を持てないことは寂しいですが、
ご連絡をくださったみなさまが「きっとまた近い未来に」と約束してくださったことが、
とても嬉しく、メンバー皆で共有しています。

クイーンズメドウは、
都市的な暮らしから少し距離をおいて、ゆっくりとした時間の中で考えてみたい
という人たちにとって、シェルターのような存在でありたいと願いながら
運営を続けてきて、今年20年目の春を迎えています。

本当ならこんなときにこそ、みなさまをお迎えしたいのですが
今はそれが叶いません。
わたしたちが今できることは、これまでと変わらず、
馬たちや森と共に過ごすことを毎日丁寧に続けていくこと。
次にみなさまがいらした時には、馬たちと笑顔でお迎えできるように!

与えられたこの静かな時間を、ご機嫌に、そして共に過ごしましょう。


2020年4月14日
クイーンズメドウ・カントリーハウス メンバー一同


P.S
もし、息苦しくなることがあったら、ひとつ大きく深呼吸をして
森をわたる風の匂いや、馬たちの息遣いを思い出してみてくださいね。
みなさまと、みなさまの大切なひとたちの、心と身体の幸せをお祈りしています。

---
2020年6月4日更新いたしました。
※大変残念ですが休業期間を9月まで延長させていただきます。

馬と人とが共にある、遠野の美しい森へ。

クイーンズメドウ・カントリーハウス(QMCH)は、早池峰山の南側、遠野盆地の北側に位置し、広葉樹を主とする森と三本の小沢を抱える約12ヘクタールの里山です。私たちは、この豊かな森と牧草地で馬たち(ハフリンガー種)を放牧し、そこにつらなる田畑・それぞれ10反ほどで、ささやかな有機農業を営んでいます。

QMCHは、馬と人とが共にある暮らしを営んで行くことで、遠野らしい美しい景観が続いてゆくことを願って、1999年に開拓を始めた事業です。2017年1月より、こうしたコンセプトや暮らしの実践について、想いを近くするみなさんに体験していただきたく思い、週末の宿泊棟をご利用いただけるようにしました。

この自然環境はまるごと人を癒してくれる場になっています。どうぞ、ここの森を野を田園を、歩き回ってみてください。きっと、だた黙って立っているだけでも、せせらぎや風、さまざまな生き物たちの気配を感じることができるでしょう。馬たちも待っています。

私達が丁寧に拓き、育ててきたこの美しい森で、みなさまと一緒に過ごせる日々を、一同心より楽しみにしております。

クイーンズメドウ・カントリーハウスの外観

クイーンズメドウ・カントリーハウス
(農業法人 株式会社ノース)

〒028-0661
岩手県遠野市附馬牛町上附馬牛14-122  荒川駒形神社参道南入ル
TEL:0198-64-2882 FAX:0198-64-2883
E-Mail:contact@qmch.jp

*スタッフが農作業・馬事に従事している際には、お電話をお受けできないことがあります。

*なお、最新情報はFaceBookページでお知らせしています。

クイーンズメドウ・カントリーハウス Facebookページ